人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
マルケス横浜へ
 横浜がマルケスの獲得を発表した。(横浜公式

 二年間名古屋でプレーしワールドクラスのプレー(言い換えるならば「お金を取れるプレー」)でサポーターに数々の歓喜をもたらしたマルケスへの愛着はもちろんあるし、マルケスの実力の疑いの余地はないが、こうと決まってしまった以上はマルケスの「流出」を嘆くよりも、どうやってマルケスを止めるか?を考えることに頭を切り替えなければならない。

 マルケスが名古屋プレーした二年間、正直マルケスが完璧に抑えられた試合というのはほとんど記憶にない。もちろんゲームの中でマルケスが孤立させられ、マルケスまで満足にボールが行き渡らない状態で結果チームが完敗を喫した試合はいくつもあったが、マルケスは松田(横浜)や坪井(浦和)、鈴木(磐田)といった1対1の強さに定評のあるJ屈指のDF達をことごとくチンチンにやっつけてきた。そんなマルケスを古賀や増川といった名古屋のDFが止められるかといえば、俺にはとうてい悲観的な観測しか浮かんで来ない。

 しかしそんなマルケスが1対1のガチンコ勝負で完璧に抑えられた試合というのが(俺の覚えている限り)一度だけある。それが2004年の2ndステージのジェフ戦だ。坂本にマンマークで付かれたマルケスは全く仕事が出来なかった。得意のターンは全て封じられ、中にボールを入れることすらままならない状態でボールはしばしば虚しくゴールラインを割った。その日のマルケスは決して調子が悪いわけではなかったが、研究し尽くしたかのような坂本の読みに全て先を越されているようだった。普段のマルケスは研究されたところでさらにその上を行くプレーをするのだが、マルケス封じのキーワードはこの試合での坂本にあると見て間違いはないだろう。
 重要なのはターンの方向やタイミングといった傾向をキッチリ頭で把握しておくことと、もうひとつは決して右足の前を空けないことだ。マルケスは左サイドで得意のヌルヌルとした(そして時にシャープな)ターンを駆使してのチャンスメークを得意としていて、そのターンは大抵ゴールラインに向かってタテに抜けるプレーへとつながるが、それを予測して先に動きすぎると急激なストップから空いた右足を振り抜いてくる。決して右足だけのプレーヤーではないし、タテに抜ければ左足で折り返しのボールを入れてくることも多いが、左寄りのポジションからカーブを掛けるようにゴールを狙ってくる時の彼の右足はナイフのように鋭い。

 そしてもちろんマルケスにも弱点はある。俺が見つけられたのは二年間でたった二つだけだが、後はチームスタッフによるスカウティングに期待するしかない。
 一つ目の弱点は中学生レベルのヘディング。末期にこそニアサイドに走り込んで後ろにスラすようなプレーを覚えた(レパートリーに加えた)ものの、クロスが上がってマルケスが中央で待ち構えていたとしても、DFは基本的には何もしないでいい。マルケスに気を取られる余裕があるならニ、三人掛かりで久保を押さえつけてるべきだ。あとはマルケスが勝手にヘディングシュートを外してくれる。GKも決して事前に予測して飛んではいけない。マルケスのヘディングがジャストミートすることは吉村のミドルシュートが枠を捉えることのように稀だから、先に飛んでしまっては当たり損ないのシュートにかえってタイミングを外されることになる。
 二つ目の弱点は意外と熱くなりやすい性格。削られてレフェリーが笛を吹かなければ必ず削り返してくる。そしてそれは露骨な体裁を取ることがほとんどでレフェリーのカードの餌食になる。フェアプレーとは一線を画す汚い作戦であり、以前の盟友に対して行う類のプレーではないが、どうしてもマルケスを止めたければその方法でマルケスをピッチから追い出すのもひとつの手ではある。まあただ、マルケスがそれで二枚目のイエローカードをもらったシーンは見たことがないけど・・・。

 よそのチームの心配をする以前に、Jリーグで最も重要なポジションと言っても過言でないFWのポジションに計算を出来るプレーヤーが玉田しかいない自分達の現状を心配すべきだが、とりあえず今年のJリーグでは「マルケスを見る」というもうひとつの楽しみが増えたことだけは事実だ。
by tknr0326g8 | 2006-02-16 14:36 | Topics & Issues
<< 第1節 vsC大阪 3-2 (... Play Back#6 レフテ... >>