人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
関東大学リーグ 第18節 @西が丘
b0036243_18262739.jpg

 来シーズンからの名古屋加入が内定している明治の橋本を久しぶりに観てみようということで西が丘へ。前に橋本を観るのは今シーズンの開幕戦で、明らかにコンディションが整っていなかった橋本は酷いパフォーマンスの末に途中交代させられてしまった。

 しかしいざ発表されたメンバーを見ると、スタメンはおろかベンチにも橋本の名前はない。出場停止ではないようなので怪我でもしたんだろうか。そしてそんな橋本の代わりにFWに入り林と2トップを組んでいたのは、名古屋ユース出身の久保裕一だった。そしてそんな久保に続き、対戦相手の学芸大からは太田圭祐、第二試合の駒澤大からは酒井隆介といった名古屋ユース出身のプレーヤーがそれぞれ途中出場を果たした一日は、橋本一人を観ること以上に意義深い日になった。

 久保は高校時代と比べれば身体に厚みが増した印象。逆に俊敏性は少し落ちたような気もするが、前線で身体を張る久保らしさは健在だった。ただチーム単位として見れば、似たタイプの林との2トップはその怖さを十分に発揮しているとは言えず、サイドから良いクロスが入ってこなかったこともあって、ストライカーとしての大きな見せ場はないまま後半途中で交代となってしまった。
 太田と言えば、去年の高円宮杯・準々決勝(vs広島皆実)、同じ西が丘で、彼本来の持ち味であるドリブル(テクニック)に加えて驚異的なランニング(スタミナ)を披露していたことが記憶に新しい。この試合では0-0で迎えた後半に切り札として4-4-2の右SHとして出場したが、その時間帯には両チームともかなり中盤が空いてしまっていたこともあって、どちらかと言えば守備面で味方のカバーに奔走するようなプレーが目立っていた。学芸大は組織的なディフェンスが特徴のチームだけに守備面での戦術的なタスクが多いのだろうが、マイボールになってもほとんど自陣ペナルティエリアの外ぐらいから飛び出して行かなければならない状況ではその攻撃的な特徴を発揮することは難しかったかもしれない。
 久保との絡みもあって高校三年からサイドバックに転向した酒井は、大学生になったらFWに再転向する可能性もあるかと個人的には思っていたが、どうやら大学でもSBとしてプレーするようだ。この試合では出場機会があるかないか微妙なところだったが、4-0とリードした後駒澤の右SBの選手が遅延行為で?退場を喰らってしまったこともあり、突如出場機会が巡ってきた。ただ時間帯、点差を考えて「上がるな」と指示を受けての投入だったのか攻撃参加の機会は一切なし。豪快なオーバーラップからのクロスやシュートも見てみたかったが、それはまたの機会に取っておくということで。

 そしてもう一人、名古屋ファンとして見逃せない人物は国士舘のベンチにいた。前期に国士舘の試合を観た時は全く気付かなかったが、時々ベンチから飛び出して来てピッチ上の選手達に指示を送っている人物にどこか見覚えがあるなと感じたのは後半に入ってからだった。少し太った感じはするが「もしかして」と思いプログラムで確認すると・・・やはりその人物は伊藤卓その人だった。
 中田英寿の代のユース代表で10番を背負いアジアユースではキャプテンも務めていた天才少年。その後1996年途中に国士舘大学を中退してベンゲル時代の名古屋へと入団したが、出番間近と言われていた矢先に大怪我を負ってそのシーズンを棒に振ってしまう。彼の名古屋での唯一のゴールはユース代表時代の監督でもある田中孝司が名古屋の指揮を執るになった1998年になってからで瑞穂での浦和戦だったと記憶している。
 そんな伊藤卓が母校の国士舘大学に戻ってコーチとしてキャリアを積んでいるというのはちょっと嬉しいニュース。今日の試合では1-4と大敗を喫してしまったが、試合内容ではむしろ駒澤を上回っており、今シーズンの国士舘は組織と個人技がMIXされた素晴らしいチームに仕上がっている。あとは来年4年になるはずの根津や唐沢がトップチームで出場機会を掴んでくれれば言うことはない。
by tknr0326g8 | 2008-10-18 18:26 | College Football
<< J1 2008 第29節 vs... W杯アジア最終予選 日本代表×... >>