Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2008年 03月 21日 ( 1 )
J2 2008 第2節(岐阜vs仙台) & 第3節(山形vs岐阜) @スカパー
■第2節 vs仙台 0-1
 開幕戦で甲府相手に予想以上の健闘を見せ勝ち点1を獲得した岐阜はこれがホーム開幕戦。舞台となるのは長良川競技場だ。今や伝説となったピクシーのリフティングしながらのドリブルが披露されたスタジアムであり、先のプレシーズンには(有料で観客を入れる試合としては)初めて名古屋との名岐ダービーが行われたスタジアムでもある。だが個人的には、メモリアルセンター内にあるこの競技場も、近くにある球技場も俺が三年間毎日チャリでその脇を走って高校に通った場所という印象が強い。笑

 それはさておき、この試合で最も印象に残ったのは、かつて岐阜工を率いて輝かしい戦歴の数々を残した大野聖吾・現大垣北高校監督の非常に的確な解説だった。試合の流れもさることながら、個々のプレーヤーについてもとても細かく見ているなぁとTVを見ながら関心するとともに、(岐阜のサッカーの隆盛にはもちろんVAMOSやJUVENといったクラブチームの存在を抜きに語れないが)かつて岐阜工が全国区のチームとなった理由の一端を垣間見たような気がした。
 というわけで、試合については何を言っても後出しになってしまうので多くは語らないが、この試合についてひとつ言えるとすれば、“キング・オブ・ギフ”小島の不在がことのほか大きく感じられたこと。岐阜には二列目の高木、嶋田など攻撃陣にも良いプレーヤーがいますが、彼等を生かすという面でも小島がいないと片桐ひとりに掛かる負担がとても大きくなってしまうし、相手のレベルが上がれば上がるほどそれでは苦しい。ちなみにそんな片桐は、かつては鋭い反転から見せる重心の低いドリブル突破が最大の持ち味でしたが、ホリコシに行って小見監督の下でプレーしていたあたりからもうひとつの持ち味であるイマジネーション溢れるプレーの部分に比重を置いたプレースタイルにシフトしたような印象を受けます。かつての片桐ファンとしては正直一抹の寂しさのようなものを感じなくもないですが、相変わらずボールキープ時には玉際の粘り強さを見せてくれてますし、よい意味で角が取れてきたと好意的に解釈したいです。

■第3節 vs山形 5-3
 俺の興味の半分は名古屋から山形にレンタル中の“トヨグバ”こと豊田陽平のプレーに向けられていたこの試合。第1節と第2節を通してシュートを8本しか放っていない岐阜が山形相手に5得点という結果は全く予想していなかった。

 この試合のひとつのポイントは岐阜が開幕から二試合連続でスタメンに名を連ねていた嶋田に代え、大分から地元へと戻って来た梅田を右SHとして起用したこと(サブにも入っていなかったところを見ると怪我でもしたのだろうか)。名古屋とのプレシーズンマッチでも非常に可能性のあるプレーを見せていた嶋田は良いプレーヤーだと思うが、左右に左利きを二枚並べてその二人がポジションチェンジを行いながらプレーしていたこれまで二試合と比べても、岐阜が使っているピッチの横幅は明らかに広がっているように感じられたし、全体のバランスも格段に良くなったと思う。そしてそのサイドアタックが山形から大量5得点を奪う結果へとつながった。J2時代の新潟がスタメンとサブの間をウロウロしていた鈴木慎吾を左SHに定着させてから成績を伴ってきた来た時を思い出しました。
 山形の最終ラインでのマークが甘かったという面はあるにせよこの試合で2ゴールを決めた片山も試合毎にJの舞台に順応しその力を発揮しはじめているし、TVの実況のように「運動量豊富」と一言で片付けてしまるのは容易いが本当に最後まで動きの量が落ちず前線に顔を出すルーキーの菅、ともに右サイドでチームに落ち着きをもたらしていた前述の梅田と吉村など、新戦力も馴染んで来ているようなのでこれからが楽しみです。

 そんなメンバーが替わっていることもありますが、それにしても一年前に味スタで見た(JFL 横河戦)時と比べてもチームは随分変わったなという印象を受ける。正直まだ上位チームとは力の差があるということでロングボール中心の組み立てになってしまう部分もあり、守備では危なっかしい部分もありますが、チームとして組織だったプレーが出来るようになってますね。

 ちなみに豊田はその恵まれた身体能力をプレーに反映させる術を習得しつつあります。前節のセレッソ戦に続いてこの試合でも豪快なヘディングゴールを決めてますし、結果を積み重ねつつ順調に成長して行って欲しいです。あと山形に関して言うなら、序盤以降機能性を失っていたとは言え、リチェーリを下げた事は結果的に岐阜を楽にさせてしまったかもしれません。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-03-21 01:57 | FC GIFU